英語学習に挫折しないために目標は具体的に設定しよう

Shiny

こんにちは、英語のおねいさんShinyです。

英語を身につけたいと思ったとき、とりあえずテキストを買ってやってみるという人は多いですが、最初に「やるぞ!」と思ったその勢いだけで始めてしまうと後々失速してしまうことがほとんどです。

そうならないためにも、まずは目標設定をしっかりすることをおすすめします。

最終的に到達したい目標を決める

まずはあなたが最終的に到達したい英語のレベルを考えてみましょう。

単に「英語がペラペラになりたい」というだけでは弱いです。

「ペラペラ」というのが日常会話レベルなのか、仕事でバリバリ使えるレベルなのか、これだけだと分かりにくいですよね。

あなたが思う「ペラペラ」がどのレベルを指すのか、具体的に言葉で表してみてください。

Shiny

もし難しければ、あなたは英語を使って何をしたいのかを考えるといいかも。

例えば、こんな感じ。

  • 今ハマっている海外ドラマを字幕なしで理解できるようになりたい
  • 英会話の先生になりたい

ポイントはできるだけ具体的に決めることです。

誰が見ても達成度合いがわかるものが一番いいですね。

反対にあまりおすすめできない目標の例として「TOEIC900を取る」などが挙げられます。

英語の資格試験を受けること自体は否定しませんが、スコアや合否を目標にすることはやめましょう。

なぜなら、資格を取る=英語が使える という状態にはならないからです。

数字としては分かりやすいのですが、目標として設定するには不向きです。

到達したときのそのスコアと実際の自分の英会話レベルのギャップにがっかりして英語の勉強をやめたくなるので資格試験を目標にするのはやめましょう。

もし、どうしても「これ!」という目標が定まらなければとりあえずの目標で大丈夫です。

Shiny

勉強していくうちに目指すレベルは変わることもあるからね。

目標に対して強い気持ちを持つことも大切ですが、それよりも大事なのは具体的にどこまで身につけることを目指すのかというゴール設定です。

短期間で達成できそうな目標を立てる

最終的に達成したい目標が決まったら、今度は今のあなたがちょっと頑張ればすぐ達成できそうな目標を立てましょう。

例えば、

  • ネイティブと挨拶を交わす
  • 英語で自己紹介をできるようになる

など。

目標は小さければ小さいほど、達成しやすければしやすいほど良いです。

なぜなら、こうして小さく目標を立てることで、今のあなたがやらなければならないことがぎゅっと絞られるからです。

初心者のうちは特に、何をどれだけやっていいのか分かりません。

アレもコレも大事そうに思えて、全部手を出して、結局挫折してしまう・・・

そういうことを防ぐには自分に見える範囲の目標を立てることが一番いいのです。

例えば、先ほどの「ネイティブと挨拶を交わす」という目標の達成に必要なことは何でしょうか?

この目標を達成するためには、文法書を読んだり、たくさん単語を覚えたりする必要はありませんよね。

英語の挨拶に関わるフレーズを調べて、暗記し、考えずとも口からするすると出てくるまで練習すればいいだけです。

このように、小さく目標を立て、その目標を達成することに集中することによって今のあなたがやるべきことが明確になります。

Shiny

やるべきことが明確になれば、あとはそれを淡々とこなすのみ。

「何からやればいいんだろう?」と悩む必要がなくなるのです。

少し先の目標を立てる

最初に立てた小さな目標を達成できたら、次はその少しだけ先を目指しましょう。

英語ネイティブと挨拶を交わす→英語で自己紹介をできるようになる→英語で道案内をできるようになる…etc

目標を立てたらやることは同じです。

目の前の目標に向けて、必要なこと「だけ」を黙々とやっていく。

こうして小さな目標をひとつひとつ達成することによって、たくさんの成功体験が得られます。

そして、その積み重ねはあなたの自信となります。

自信がつけば、英語はもっと楽しくなります。

だから、ぼんやりと目標を立てるのではなく、具体的に誰が見ても達成ラインがわかるような目標を立てましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください