英文日記が続かないあなたへ。継続するためのコツと心構えをお伝えします。

Shiny

こんにちは、英語のおねいさんShinyです。

わたしは英語学習者に勉強したことのアウトプットとして英語で日記を書くことをおすすめしています。

英会話初心者は英語で日記を書いて英文を組み立てる練習をしよう

英文を書くことでライティング能力も上がるし、あなたがよく使うボキャブラリーを身につけるのにも最適だからです。

それになにより相手を必要としない自分自身とのコミュニケーションなので、いつでもどこでも紙とペンさえあればできることも魅力的。

うまくやれば英会話の練習にもなって、一石二鳥どころか三鳥も四鳥も得られるのだからこれを英語学習に取り入れない手はありません。

ですが、これは継続して初めて効果を発揮するもの。

三日坊主でやめてしまってはまったく意味がないのです。

そこで今回は英語日記を継続するためのコツと心構えをお伝えしようと思います。

これを読んで実践すれば三日坊主になる可能性をグンっと減らせるでしょう。

それではごゆるりとお読みください。

辞書や参考書を使わない

英語で日記を書くときに辞書や参考書をそばに置いて書き始めていませんか?

Shiny

当てはまった人、アウトー!

アウトプットのための英語日記なので、インプットするときに使う辞書や参考書は不要です。

使ってしまうと、せっかくのアウトプットの効果が薄れてしまいます。

詳しくはこちらの記事に書いていますのでぜひ読んでみてくださいね。

英作文を書くときに辞書や参考書は使わないようにしよう

完ぺきを目指さない

完ぺきを追い求めるのはやめましょう。

先ほどの辞書や参考書を使ってしまう理由がまさにこれです。

正しい文法ともっとも適切な語彙を使って英文を作ろうとすると辞書や参考書を必要とします。

ですが、英文日記に正しいもクソもないんです。

英文日記を書いたら、それは誰が読むんですか?

あなただけです。

ブログなどでネット上にアップしない限りは日記というのはとても個人的なもの。

あなた以外に読む人がいないのだから「正しい英文を!」とがちがちに勉強モードで書く必要はどこにもありません。

リラックスしてその日にあった出来事を思うままにつづりましょう。

 

 

Shiny

まだ少しピンと来ていないあなたのために具体例を出してみます。

例えば、今日あなたは買い物に出かけて、あたらしいバッグを購入したとしましょう。

機能性もばっちりで見た目も可愛く、いい買い物ができたとあなたはご機嫌です。

そのことを英語で日記に書くとしたら、どう書くのがいいでしょうか?

「買い物」という単語も「あたらしい」という単語もわからない。

文法も忘れてしまった。

でも「楽しかった」という感情を表す「Happy」という単語だけは覚えていた。

なら、それをノートに書き記しましょう。

Happy

今日の日記はこれでオーケー。はなまる百点です!

ちょっと余裕があれば

I felt happy.

とここまで書いてもいいかもしれませんね。

単語は覚えているけど文法が思いだせない!という場合には

go shopping get bag happy

こんな風に単語を並べるのもありです。

どうですか?これならあなたにもできそう、続けられそうだと思いませんか?

英語で日記を書くことを楽しもう!

英文日記を続けるコツはとにかく楽しむことです。

楽しむために、辞書や参考書はしまっておく。

楽しむために、完ぺき主義を捨てる。

この2つのことを意識して取り入れてみてください。

辞書を使わず、完ぺきを目指さず、リラックスして書いた英文が今のあなたの実力です。

英文日記を書くときにつまづいた部分をインプットの時間に勉強して覚えましょう。

そして、次に書くときにできるようになっていたらいいのです。

できなかったら、またインプットの時間に勉強すればそれでよし。

英語の学習はこの繰り返しです。

続けていくことで、あなたの英語力は飛躍的に向上します。

Shiny

英文日記、ぜひ取り組んでみてくださいね。

 

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください